忍者ブログ
  • 2017.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/24 15:32 】 |
SQ
日経平均は下げ渋ったのに
保有銘柄の落ちっぷりが豪快すぎるとよ・・・_| ̄|○
新興市場弱すぎ。

7/14算出のSQが悪ければさらにズルズルと落ち込むのかしらん。
↓SQ後の相場予想に役立つブログ(株取引全般に役立ちますが)
中原圭介の資産運用塾


おやおや、金沢は雨と雷がすごいことになってきましたよ。
さっさと帰るとましょうか。

スタン、ごちそうさま。
PR
【2006/07/11 23:18 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
還ろう、あの日の森へ。
当社も企画から関わっているテレビ金沢環境キャンペーン
「ふるさとの森 再び」の一環として開催された
「新垣勉 森を愛するこころのコンサート」に行って参りました。


このキャンペーンソング、当社のクリエイティブ・ディレクターが作詞しております。
彼はレコーディングの際、自分が作詞した歌を新垣さんが歌っているのを聴いて
号泣するくらい感動したらしいですが、なかなかいい「曲」です。

ココでサビだけ聴けますデス。
「還ろう、あの日の森へ。」
【2006/07/10 22:49 】 | 未選択 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
研削猿人の恐怖。
WEB関連のセミナーに行ってきたのだけれど、
検索エンジンがすごいことになってきてるらしい。
同じワードで検索しても、
検索結果が人によって変わる「パーソナル・サーチ」が
主流になってくるのだとか。

例えば、Googleで「ブラシ」と検索すると
工業用ブラシのサイトが1番に表示されるが、
これって僕らにとっては「アフォか」という検索結果。
”ワシは歯ブラシのブラシについて知りたかったんじゃ”
という人もいれば、
”アタシはヘアブラシのことを調べたかったのよ”
という人もいる。
これが、パーソナル・サーチだと、
その人が知りたがっていると思われる検索結果を
Googleが独自に判断して、ある人には歯ブラシのサイトを
ある人にはヘアブラシのサイトを上位表示してくれるらしい。

・・・逆になんか怖い気もするけれど、興味あるなぁ。
やっぱGoogleの技術力ってすげえなぁ。
もう忘れかけてるど、数年前に初めてGoogle使ったときの
「今までの検索エンジンってなんだったんだ?」
って感覚がまた味わえるのでしょうか?
というわけで、早速Googleをパーソナライズしてみました。
僕用にパーソナライズされるのは3ヶ月ぐらい先らしいですが、
そのときが楽しみです。

ご興味ある方は、Googleの画面右上を見ると、
「パーソナライズドホーム」というリンクがあるので
そこからどうぞ。


【2006/07/07 00:14 】 | 未選択 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
虎キチのアナタと、虎キチの知人を持つアナタへ。
甲子園球場内にラーメン専門店があるのをご存知ですか?
外野スコアボード下の2階通路に今春OPENしたそうな。
目玉は店から最も近い位置を守る赤星憲広外野手(28)をイメージし、
赤星自身が試食して最終決定した「赤星プロデュースの特製ラーメン」。

興味はあるけれど、甲子園は遠いなぁ~と思っているそこのアナタ。
心配後無用。
目の前のPCから買えちゃいます!

甲子園で行列人気の赤星憲広ラーメン

自分で買って食べるもよし、
虎キチなあの人へのお中元にするもよし。
僕も食べたけれど、わりかしウマかったです。


今現在、こいつの製造メーカー「㈱ハチバン」の
ネットプロモーションの仕事してます。
よかったら買ってみてねん♪


【2006/07/06 00:36 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
父の青春。
無口だった父とよく話をするようになった。
一緒にビールを飲み交わしながら。
弟と母が亡くなった寂しさを紛らわすためだろうけれど。


登山が好きだった山男の10代。
東京でテレビ局の放送技師として、
箱根駅伝中継を手がける夢を持っていた20代前半(実際はNECに就職した)。
祖父に田んぼを継ぐよう富山に連れ戻され、地元電子機器メーカーに転職した20代後半。
不況で会社が倒産し、知人が始めた高岡銅器のメーカーに誘われて再転職した30代。
初めてクルマを買ったときの興奮。
見合いでの母との出会い。結婚。
なかなか子供ができなくて、僕が母のお腹にいることがわかった時の喜び。
続いて弟を授かった幸福だった日々。


父がまだ父でなかった日々の記憶。
僕の知らない父の青春がそこにあった。

いつか僕も息子か娘に若い頃の話をする日がくるのかしらん?
その前にウザがられて聞いてもらえんかもね・・・。
【2006/07/05 00:44 】 | 未選択 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]